オリモノの臭い対策は海外女性が当たり前にしているケア方法がおすすめ

オリモノが臭い時の対策をしていなくて恥ずかしかった経験があります。オリモノの臭い対策というよりデリケートゾーンのケアは女子にとっては必須なんですね。特に生理前だと酸っぱい臭いがキツクて・・・なんて思っているのでしたら尚更しっかりデリケートケアしておきましょう。
MENU

オリモノの臭い対策をしていなくて恥ずかしい思いした経験ありませんか?

生理前や生理後にオリモノの臭いがキツクて恥ずかしい思いをした経験があります。
その時にオリモノの臭い対策ができる石鹸やデオドラントのことを調べていて、驚いたのですが、あそこ周辺のデリケートゾーンの手入れというかケアって外国では女性なら普通に行っているんですね。アンダーヘアの手入れからあそこの臭いケアまで行っていて損することってないんですよね。むしろ、臭い対策をしてない方が恥ずかしいです。

 

オリモノの臭いってゆで卵の臭いとか生臭いとか酸っぱいなど様々な表現をされますが決していい臭いではありません。
生理前と生理後、夏の蒸れる時期、体調の悪い時など急に、オリモノの臭いがキツクなったと感じたことありますよね。毎日のお風呂でのケアでかなりオリモノの臭い対策が出来ますのでその方法を紹介します。お風呂で誰でも簡単に出来る方法ですので参考にして下さい。

 

 

 

 

オリモノの臭い対策におすすめなデリケートゾーン専用商品

イビサソープの特徴

  • 効果効能が認められた医薬部外品
  • 自然由来のジャムウ成分配合
  • ポンプ式で使いやすい
  • 美白ケアもできる美容成分を配合
  • 無添加だからデリケートゾーンにも安心して使える
  • 女性特有の臭い対策におすすめ

価格 5,800円
評価 評価5
備考 定期購入3,970円
イビサソープの総評

イビサソープは手軽に陰部の臭いケアが出来る商品としておすすめとなります。オリモノの臭いは女性なら誰もが気になっています。デリケートゾーン専用のソープですので安心して使用できますし、ポンプ式の泡タイプですので使いやすいです。自然由来のジャムウもしっかり配合されています。発売以来、大人気となっています。

アンボーテの特徴

  • 日本で初めてコスモス認証の基準をクリア
  • デリケートゾーン用保湿美容ソープ
  • 子どもでも使えるオーガニック成分にこだわった商品
  • 化粧水に配合されている"ダマスクローズ水"を高配合
  • 楽天フランス・アメリカで大人気のソープ

価格 6,980円
評価 評価5
備考 定期購入 3,980円
アンボーテの総評

日本で初めてコスモス認証の基準をクリアしたデリケートケアソープとなります。認められた理由としてオーガニック成分にこだわった商品であることがあげられます。子供でも安心して使える商品でもありますし、日本で販売されている数少ないデリケートゾーン専用のソープとして人気となっています。

コラージュフルフル泡石鹸の特徴

  • 女性のデリケートな悩みを解決するためのソープ
  • 赤ちゃんのおしりにも使える無添加ソープ
  • 真菌と細菌の両方を抗菌
  • クリーミーな泡で使い心地も満点
  • コスパがいい

価格 2,300円
評価 評価4
備考

ジャムウ石鹸の特徴

  • ジャムウハーブで作られた女性の為の石けん
  • 泡で3分間パックするケア
  • 保存料・安定剤等は一切使用してないから安心して使える

価格 2,047円
評価 評価3.5
備考
ジャムウ石鹸の総評

女性のデリケート部分を洗うためのジャムウ石鹸となります。美容成分などが配合されたソープとは違い完全無添加の自然石鹸となります。泡立ては必要となりますが、保湿などの成分は求めていない女性に根強い人気の石鹸となります。

シークレットレディ ジャムウソープの特徴

  • 3つの天然成分がニオイのもとに集中アプローチ
  • 臭いと同時に黒ずみケアも可能
  • アンダーヘアもフワフワにする石鹸
  • 女子力アップさせる石鹸

価格 2,138円
評価 評価3.5
備考
シークレットレディ ジャムウソープの総評

恋する通販の、シークレットレディ ジャムウソープは若い女性に人気の商品を扱っています。特にジャムウソープは臭いと黒ずみケアが出来ますし、女性フェロモン「オスモフェリン」配合してあるので女子アップできると若い女性に人気です。もちろん、オリモノの臭いもケアできるのでおすすめですが、固形石鹸となりますので、ネットで泡立てるという作業が必要となります。

あそこを洗うとオリモノの臭いは消えるのか?

そもそも日本人はあそこを洗う習慣はないんですよね。
ボディソープで洗うと沁みてきて痛みもありますので、通常だとシャワーで流しながら指で洗う感じです。
ですが、毎日デリケートゾーン専用の石鹸などで洗浄することで、殺菌もされますし、シャワーだけでは落とせない汚れも落ちるといいます。

 

オリモノが多い時って布ナプキンを使ったりおりものシートを使ったりしていますよね。いつも蒸れている状態で菌も多く発生しています。オリモノが多くて臭い時こそ陰部をしっかり洗い清潔にする必要があります。
ただし、オリモノがいつもと違うとか黄緑色などでしたら、トリコモナスやクラジミアなどに感染している場合もありますし、病気が隠れている場合もありますので病院に行きましょう。血が混じるとか茶褐色でしたら生理の前触れと考えられますが、長く続くようでしたら病院に行きます。

 

陰部を石鹸で清潔にすることでケアできるのはいつものオリモノの時です。

 

 

陰部を清潔に保つために洗う必要もある

陰部の洗いすぎは禁物ですが、大陰唇と小陰唇の間は臭いのもとですので毎日清潔に洗う必要があるのです。
陰部の臭い臭いの元は、大陰唇と小陰唇の間や陰核の皮のまわりに溜まったアカ・オリモノ・漏れた尿となります。それらがショーツにつき蒸れることで嫌な臭いが出てきます。体調の悪い時や生理前、生理後などはよりキツイ臭いがでることもあります。

 

ですからこそ、専用の石鹸で毎日一回清潔にする必要があります。
ただ、女性特有の婦人科系の病気で臭い場合もありますので、陰部を洗うのは、不潔にしていることが原因の臭い対策となります。

 

 

 

 

 

陰部の臭いQ&A

陰部の臭いが急に気になったらどうする?

まずはセルフケア
外陰唇のあたりを丁寧に洗います。先ほども紹介したように外陰唇と小陰唇の間には皮脂やオリモノなどが溜まりやすいので、指をつかい洗います。ただ、こすりすぎないよう優しくなでるように洗います。特に中まで洗おうとしないようにしましょう。また、皮膚が薄く柔らかいので敏感肌の場合は特に注意しましょう。
優しく洗うのが難しい人は泡パックの専用石鹸がおすすめです。

 

オリモノの臭いが強いと感じた時
オリモノがいつもと違う色だとかオリモノの臭いが凄くキツイ場合は性感染症や子宮・卵巣の病気の場合もありますので、産婦人科に行きます。産婦人科はできれば通いたくないですが早期治療が早い完治に繋がりますので早めに受診しましょう。

 

尿の臭いが強いと感じた時
陰部の臭いもするけど尿も臭い、そして尿が濁っている、残尿感もある、頻尿などと感じた時は泌尿器科に行きます。急性膀胱炎の場合もあるので早めに受診しましょう。

おりものはどうして臭うの?

おりものは子宮や膣の分泌物であり老廃物です。熟した女性なら誰もがオリモノを知っていますし経験していると思います。

膣内にいる、乳酸桿菌という善玉菌が乳酸を分泌するため、少しすっぱいにおいがします。すっぱいにおいは健康な証なので、心配しなくて大丈夫。周期によっても変化があり、生理前はにおいが強くなりやすいです。
小林製薬公式サイトより

 

また、生理と同様にオリモノは勝手に出てきますからショーツにつきます。オリモノが付くたびにショッーツを変えることはないと思いますし、会社にいるときなら尚更です。ある程度はトイレで用足しした時にトイレットペーパーをで拭き取るなどはしていると思いますが、それでも臭いの元になります。オリモノが酷い時はおりものシートも活用するといいですね。自宅にいるときなどは綿100%の布ナプキンなどを活用するとある程度の清潔を保つことが出来ますし臭いも多少は、抑えられると思います。

オリモノの量が増えたけど大丈夫?

オリモノの量が急に増えると、子宮の病気?子宮がん?などと心配になります。とはいえ、即産婦人科にはいかないでしょうね。
妊娠・出産経験者なら、「オリモノの量が増えたけど大丈夫ですか?」という質問を看護婦さんや医師に問うたことがあると思います。
オリモノは妊娠中でも普通の状態でも常に変化しているといいます。体調や膣の環境により増えたり減ったりしているといいます。オリモノが多いからトイレのたびにビデでの洗浄も良くないと言われました。オリモノに血が混ざるとか特別異様な臭いがするなどの症状がなければ大丈夫だと言います。また、妊娠中は結構おりものの量が増えたと心配して電話してくる妊婦さんが多くいるようです。

 

ただ、オリモノの量が多い時はおりものシートなどをつけて小まめに変え清潔にする必要があります。

オリモノの臭いからわかる病気もある

オリモノの臭いは酸っぱいとか生臭いとかいいますよね。見た目も、カッテージチーズとかいう人もいます。
通常のオリモノでしたら問題ないのですが、明らかにいつもと違う場合には女性特有の陰部の病気の場合もありますので婦人科を受診しましょう。

 

オリモノには大事な働きああります。膣内の酸性を保って雑菌を防いだり、古い細胞などの老廃物を掃除して体外に排出することで、膣内の清潔を保つという働きをしています。ですから、オリモノにニオイが強烈に臭いとか、今まで見たこともないグロいオリモノだという場合には注意しましょう。そのために通常のオリモノというか正常なオリモノがどんな状態なのか把握しておく必要がありますね。

 

通常のオリモノ

通常のオリモノとは、透明、もしくは白濁しており、少し甘酸っぱい臭いがします。排卵前はドロッとした粘り気を持っていますが、その後はのり状になります。下着におりものが付着して黄色く変色することがたまにあります。透明の場合気づかずにいて放置していたら黄色くなって気づく場合もありますので特に心配はいりません。いつもはオリモノなんて注意することはないと思いますが、女性器の健康のバロメーターでもありますのでいつも、そんなオリモノが出ているのか知っていきましょう。

 

おりものに血が混じっていたり、生臭いにおいがしたり、我慢できないほどのかゆみを伴うなどのトラブルがある場合は早めに婦人科で診察を受けましょう。膣カンジダ症、トリコモナス膣炎、クラミジア感染症など性病の場合もありますので注意がいります。

オリモノの臭いを周りは感じているのか?

オリモノの臭い対策をしなくてはと考えた時、周りの目がというか鼻が気になりました。
自分では凄く臭いと思ってしまう生理の時のオリモノや体調が悪い時のオリモノの臭い・・・ですが、自分は他人のオリモノの臭いを嗅いだことがないんですよね。ですから、普通に日常生活を過ごす分にはかなり強烈な臭いではない限り周りには臭っていないのかもしれません。
鼻と陰部は離れた場所だという事もあります。

 

では、オリモノの臭い、陰部の臭いを気にする場面とはと考えた時、パートナーや彼氏との

愛用しているのはイビサソープですが・・・

今使用しているのは、イビサソープです。

 

以前は石鹸を使用していましたが、イビサソープはポンプ式で泡が出てきます。石鹸とネットで泡を作る必要もなく便利なので今は愛用中です。個人的には同じ泡でパックするなら簡単に泡が出来たらいいとは思いますが、石鹸の方がコスパも良く経済的ではありますね。

 

オリモノの臭いを消す商品はクリームやジェルなどもありますが、やはり一日の終わりに石鹸で汚れや菌を殺菌したいと思うので、個人的にはこのような形式の製品や好きです。洗浄した後は爽快感があり凄くサッパリします。泡でパックするので簡単ですが、少しだけ時間がかかります。
イビサソープのようにパックするのではなく洗うタイプのボディソープも人気のようですが、いまいち陰部をどう洗ったらいいのかわからないので、私はパックを選んでいます。パックだと本当に陰部に泡を被せるというか、隠くれるようにのせるだけですので簡単なんです。

 

個人的な意見となりますが、泡を陰部やIラインの辺りに被せるだけで汚れもおち殺菌される優れものだと感じています。

 

 

ですが、一度使ってみたいと思うのが、”デリケートウォッシュオイル”です。
オイルで陰部を洗浄するという新感覚の方法ですので一度試してみたいとは思います。

 

イビサソープの使い方

イビザソープは泡立てネットなどを使い泡立てることもしなくて大丈夫です。
ポン式で普通にもっこりした泡が出てきますので、それを陰部につけてパックするだけで殺菌され、一日の汚れやオリモノ等の汚れを清潔にすることが出来ます。

 

最初は大事な部分を石鹸で洗うことに抵抗はありましたが、慣れてくると洗わないと反対に気持ち悪く感じるようになりました。洗った後は、サッパリした爽快感があり清潔になっていると感じます。一日中、この清潔感を維持することは難しいでしょうが、お風呂で一日一度洗うか洗わないかでかなり、臭いも違います。

 

時々、凄く臭い時などがありましたが、陰部を洗うようになってから臭いなりにも気にならなくなりました。
どんな美人でも陰部の臭いはありますので、最低限のケアで清潔は保つことをお勧めします。

 

メニュー

このページの先頭へ